水素水生成器とは

HS111_L水素水生成器(水素水サーバー)は、水素水生成電気分解装置といわれていますが、水の電気分解でどうやって水素水を作るのでしょうか。

もともと水は、酸素と水素の化合物です。
水は一定の割合で電離しているので、電気を微量に通すことはよく知られています。

水に電気を通すと、酸素と水素が発生します。

  • プラス極: 酸素が発生して 酸性の水になる
  • マイナス極: 水素が発生して アルカリ性の水になる。

水素水を作るには、水に電気を通して、マイナス極に発生した水素をの水を飲めばよいということになるが、アルカリ性の水を飲むことは体への影響があ り、プラス極に発生した酸性の水は捨てなければならないことになるので、水に電気を通しただけでは、飲む水素水を作ることはできない。

水に電気を通して、マイナス極に水素を発生させ、かつ、プラス極でできた酸性の水と中和させて、中和した水の中に水素が残っている状態の水を作ることが、電気分解装置での水素水生成の方法です。

そんな特殊な手法で安全で飲むことができる水素水は作られています。
水素水の効果が発表されてから早8年。

電気分解装置水素水サーバーも家庭用で10万円を大幅にきっていろいろな種類が開発されてきました。



◆2015年春 おすすめの最新水素水生成器最安値徹底比較はこちら◆