水素水生成器、水素水サーバー、水素濃度はどのぐらいがいい?

HS056_L水素水生成器、水素水サーバー、いろいろなタイプのものが発売されています。
水道水の蛇口に設置して常時水素水を飲むことができるもの、1~2リットルほどのボトルに作るものなど。

それぞれ、作れる水素水濃度が違うので、水素水生成器、水素水サーバーを選ぶ時には、できる水素水の水素水濃度をチェックするのがよいでしょう。

水素水生成器、水素水サーバーの
水素濃度はどのくらいがいい!?

それでは、水素水濃度はどのぐらいあればいいのでしょうか?

水に溶けることのできる水素濃度は、1.6ppmといわれています。

水素水の効果について研究は進んでいますが、その研究で使われている水素水も高濃度水素水と言われるものがほとんどで、どれも0.6ppm以上のものを使って研究され、結果が出ています。

参考サイト:水素水の研究~医療・健康分野の学術文献紹介~

  • パーキンソン患者の進行を抑制する実験で効果が出た水素水濃度
    溶存水素濃度:0.8ppm水素水濃度,1000ml/日
  • 寝たきり患者の床ずれを改善する研究結果
    0.8-1.3ppm水素水濃度
  • リウマチ患者の症状を改善
    0.4~0.5ppm水素水濃度 530ml/1日

以上の研究結果はすべて、0.4ppm以上の高濃度水素水が使われています。
最近では、1.2ppm水素水濃度を3分で作れる水素水生成器も発表されています。
水素濃度をチェックして、水素水生成器、水素水サーバーをお選びください。

▼▼▼水素濃度を比較して水素生成器・水素サーバーを選ぶならこちら▼▼▼


水素水サーバー最安値で徹底比較
◆2015年春 おすすめの最新水素水生成器最安値徹底比較はこちら◆